《新品》flying teapot Fcon-V 【店頭展示品 / 送料無料商品】

商品コード: 18808002

¥ 15,400 税込

ユニークな着眼点でハイクオリティなハンドメイドペダルを製作する「flying teapot」。本機はスタジオ用ラックコンプのようなサウンドを想定して作られたモデルでございます。
つまるところマスター段階でかかるエフェクト。音色の1つとして味付けをするのではなく、全体の音作りに対して掛けるといったイメージです。
もちろんがっつりコンプらしさを強調することも可能。幅広い守備範囲といい、それぞれのコントロールの質の高さといいスタジオ系コンプレッサーの決定版といっても差し支えないでしょう。

コントロール
Volume : マスターボリューム。性質上全てのコントロールが音量に影響を与えますがその都度音量調整が可能。
Level Meter : GainをLEDで表示します。
Gain : コンプレッサー通過後の増幅量を設定。ナチュラルに使う場合は目安として強く弾いたときにLevel Meterの赤いランプが点灯しないように設定するのがセオリー。ですが少々点灯するくらいで線が太めになるのでピックアップやギターに併せて調整しましょう。
Threshold : コンプレッションがかかり始める閾値(最小値)を決定します。左に回し切った状態で一番ワイドレンジになり、右側に回し切る状態ではノイズリダクションのように効きますが不自然にサステインがカットされないあたりで調節すると良さそうです。
Ratio : コンプレッション帯域での増幅比を決定します(小さい入力信号の持ち上げ具合)。ギター側のボリュームを絞ってクリーントーンを得るような使い方の場合はこれとGainでいい塩梅を見つけましょう。しかし小さい入力信号はノイズも含まれるため上げすぎは注意です。
Limit : 大きな信号に対して働くリミッターの具合を調節。右に回し切った状態で一番ワイドレンジになりますが、がっつりコンプレッションを効かせたい場合は反時計回りに回していきましょう。
Sens. : ピッキングに対するアタック、リリースを設定します。3段階のスイッチになっており一番感度が高いのがセンター、ルーズなのが下、その中間が上に倒したときです。

商品ランク N
機材名

コンパクトエフェクター

付属品 箱、取扱説明書、保証書/弊社品質保証対象商品
発送サイズ 60
コンディション
新品★★★★★
※店頭展示品ゆえ小キズや日焼けがある可能性を十分にご理解いただきますよう宜しくお願い致します。 
※動作チェック等を行っており、問題なくお使いいただける商品となります。